「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」と表示されリモートデスクトップ接続できない

リモートデスクトップ接続

こんにちはー福助です。

今回はリモートデスクトップ接続時に

このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました

とエラーメッセージが表示され接続できない不具合についての内容になります。

リモートデスクトップ接続に関する
全ての不具合・解決方法は下記記事に一覧にしてまとめてあります。
よろしければブックマークやお気に入りに登録しご活用下さい。
【全パターン解説】リモートデスクトップ接続ができない解決方法
リモートデスクトップ接続できない解決方法全パターンをまとめております。「お使いの資格情報は機能しませんでした」「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません。」等のエラーメッセージから対応方法を解説しておりますのでご自身の発生状況と合わせてご覧ください。
スポンサーリンク

「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」について

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

項目OSMicrosoft OfficeメモリBit数ネットワークNotes
内容Windows10 EnterpriseOffice2016Professional8GB64bit無線LAN(固定IP)Notes9.0.1 Basic

【現象】「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」

まずは

「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」

と表示されリモートデスクトップが接続できない現象を接続する手順でおっていきます。

「このユーザーアカウントはリモートログ・・・」と表示されるまで
  • 手順①
    接続先情報を入力

    リモートデスクトップ接続を起動し、
    「コンピューター」に接続先の
    IP or コンピューター名を入力し「接続」を押す。

    ⇒問題無し

  • 手順②
    PWを入力する

    「資格情報を入力する画面」が出てくるのでPWを入力し「OK」を選択する

    ⇒不具合発生

    ここで
    「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」
    と表示されます。

スポンサーリンク

【原因・解決方法】正常にリモートデスクトップ接続する為の2つの方法

「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」

とリモートデスクトップ接続時にエラーメッセージが表示され
接続できない不具合の原因は次の2つがあります。

■2つの不具合原因
①資格情報に入力したユーザー名が異なっている
②接続しようとしているユーザーが許可されていない

この後の手順に沿って一緒に確認・対応をしていきましょう。

解決方法①:設定されているユーザーを確認する

接続先のパソコンに設定されている「ユーザー名」
一度確認して再度リモート接続を実施してみて下さい。

ユーザー名を確認する方法は次の2つです。

■ユーザー名確認方法
①コントロールパネルから確認
②コマンド(whoami)から確認

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご不明な場合はご参考願います。

【Windows10 】パソコンのユーザー名確認方法・手順
Windows10環境で設定されているユーザー名を確認するにはコントロールパネルから確認する方法とコマンド(whoami)から確認する方法があります。コントロールパネルから確認するには「ユーザーアカウントの管理」から設定されているユーザーの一覧を見ることにより確認可能です。

解決方法②:接続しようとしているユーザーを許可する

接続先PCに設定されているユーザーでも
administratorの権限が与えられていないユーザーでログインしようとすると
今回のエラーメッセージが表示されリモートデスクトップ接続ができません。

次の手順に沿って許可してあげましょう。

リモートデスクトップ接続ユーザーに追加する方法・手順
  • 手順①
    コントロールパネルを開く

    Windowsマーク ⇒ Windowsシステムツール ⇒ コントロールパネル
    と選択しコントロールパネルを開きます

    システムとセキュリティを選択します。

  • 手順②
    「システム」を選択

    システムを選択 します。

  • 手順③
    「リモートの設定」を選択

    リモートの設定を選択します。

  • 手順④
    「ユーザーの選択」を選択

    ユーザーの選択選択します。

  • 手順⑤
    「追加」を選択

    追加選択します。

  • 手順⑥
    「everyone」を設定

    everyone入力OK選択します。
    ※今回はeveryoneで設定しますが個別でユーザーを設定する事も可能です。

  • 手順⑦
    「everyone」が設定された事を確認

    「everyone」が設定された事を確認しOK選択します。
    これで設定完了です。

    リモートデスクトップ接続が可能かどうかご確認願います。

スポンサーリンク

まとめ

■本記事の内容
リモートデスクトップ接続時に
「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」
とエラーメッセージが表示される原因と解決方法
■不具合要因
①資格情報に入力したユーザー名が異なっている
②接続しようとしているユーザーが許可されていない

私の社内ではパソコン1,000台以上を導入しており、
この環境で発生した全ての現象をまとめさせて頂いております。

ほぼ全ての不具合現象をまとめているかと思いますが
他にもリモートデスクトップ接続でお困りの事がありましたらコメント下さい。

私でよろしければお力添えさせて頂きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました