「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」と表示されリモートデスクトップ接続できない

リモートデスクトップ接続

こんにちはー福助です。

今回はリモートデスクトップ接続時に

「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」

とエラーメッセージが表示され接続できない不具合についての内容になります。

リモートデスクトップ接続に関する
全ての不具合・解決方法は下記記事に一覧にしてまとめてあります。
よろしければブックマークやお気に入りに登録しご活用下さい。
スポンサーリンク

「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」について

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

項目OSMicrosoft OfficeメモリBit数ネットワークNotes
内容Windows10 EnterpriseOffice2016Professional8GB64bit無線LAN(固定IP)Notes9.0.1 Basic

【現象】「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」

エラーメッセージ

リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません。次のいずれかが原因です。

1)サーバーへのリモートアクセスが有効にされていない
2)リモートコンピューターの電源が入っていない
3)リモートコンピューターがネットワークで使用できない

リモートコンピューターの電源が入っていること、ネットワークに接続されていること、リモートアクセスが有効になっていることを確認してください。

上記エラーメッセージが表示されリモートデスクトップが接続できない現象を接続する手順でおっていきます。

「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」と表示されるまで
  • 手順①
    接続先情報を入力

    リモートデスクトップ接続を起動し、
    「コンピューター」に接続先の
    IP or コンピューター名を入力し「接続」を押す。

    ⇒問題無し

  • 手順②
    PWを入力する

    「資格情報を入力する画面」が出てくるのでPWを入力し「OK」を選択する

    ⇒不具合発生

    ここで
    「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」
    とエラーメッセージが表示されます。

スポンサーリンク

【原因・解決方法】リモートデスクトップはリモート・・・を解決する3つの方法

「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」

とリモートデスクトップ接続時にエラーメッセージが表示され
接続できない不具合の原因は次の3つがあります。

■3つの不具合原因
①「コンピューター」に入力する情報が誤っている
②接続先のパソコンがリモートデスクトップ接続可能な状況では無い
③Npcap Loopback Adapterが設定されている

この後の手順に沿って確認をし対応をして下さい。

要因①:「コンピューター」に入力する情報が誤っている

コンピューター」に入力する情報は接続先パソコンの

コンピューター名 or IPアドレス

です。

ここが間違っていると
「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」
とのエラーメッセージが出てきます。

再度入力している情報が合っているか確認をお願いします。

確認方法が不明な場合はこの後にまとめてありますのでご確認願います。

コンピューター名を確認する方法

コンピューター名を確認するには、
下記2つの方法があります。

■コンピュータ名確認方法
・コントロールパネルから確認
・コマンド(hostname)から確認

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご不明な場合はご参考願います。

【Win10】コンピュータ名(ホスト名)をコマンドで確認する方法
Windows10環境でコンピュータ名(ホスト名)・フルコンピューター名を確認する方法のご紹介です。コマンド「hostname」を実行する事により確認する事が可能です。またフルコンピューター名を調べたい場合はコントロールパネルを開き「コンピューター名、ドメインおよびワークグループの設定」項目の中にあります、 「コンピュータ名」「フルコンピューター名」で確認する事が可能です。

IPアドレスを確認する方法

IPアドレスを確認するには、下記2つの方法があります。

■IPアドレス確認方法
・コントロールパネルから確認
・コマンド(ipconfig)から確認

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご不明な場合はご参考願います。

自分のIPアドレスを確認する方法【Windows10】
Windows10環境で自分が使用しているパソコンのIPアドレスを確認する方法をご紹介しております。確認するにはコントロールパネルの情報からかコマンド(ipconfig)を使用する方法があります。コントロールパネルから確認するには「ネットワーク接続の詳細画面」を表示し、 IPv4アドレス欄に表示されている現在のIPアドレスを確認します。

要因②:接続先のパソコンがリモートデスクトップ接続可能な状況では無い

コンピューター名 or IPアドレスの情報が正しいのに
「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」
とのエラーメッセージが出てくる場合は

リモートデスクトップ接続可能な状況では無い

事が考えられます。

■リモート接続不可状況
1.リモート接続許可設定をしていない
2.接続先パソコンが休止・スリープ状態になっている
3.ネットワークに接続していない

上記3つのいずれか、または複数に当てはまっている可能性があります。

要因②-1:リモート接続許可設定をしていない

リモート接続許可設定はデフォルト設定はOFFになっています。
コントロールパネルから設定を変更しONにする事が可能です。

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご不明な場合はご参考願います。

【Windows10】リモートデスクトップ接続を許可する方法
Windows10でリモートデスクトップ接続を許可する設定方法のご紹介です。「コントロールパネル」「コマンド」の2つ設定方法があります。まずコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」⇒ 「システム」 ⇒ 「リモートの設定」を選択し表示されたウインドウの中から「このコンピューターへのリモート接続を許可する」にチェックを入れ、適用 ⇒ OKを選択します。

要因②-2:接続先パソコンが休止・スリープ状態になっている

接続先のパソコンが

休止状態
スリープ状態
ハードディスクの電源が切れている

状態になっているとリモートデスクトップ接続ができません。

接続先パソコンの状態を確認して下さい。

また、一定時間が経過するとそれらの状態に
自動で移行する設定になっている可能性もあります。

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご不明な場合はご参考願います。

スリープ・休止・ハードディスクの電源を切る無効化方法【Windows10】
Windows10環境で一定時間が経過すると自動でスリープ・休止・ハードディスクの電源を切る状態になってしまうのを無効化する方法のご紹介です。この設定はコントロールパネル内の電源オプションから「次の時間が経過後スリープする」「次の時間が経過後休止状態にする」「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」の設定をそれぞれ「なし」に設定する必要があります。

要因②-3:ネットワークに接続していない

接続したいパソコンがネットワークに繋がっていない
リモートデスクトップ接続をする事ができません。

インターネットにアクセスする事ができれば
基本的には大丈夫かと思いますが
一度ネットワークの状況を確認して下さい。

要因③:Npcap Loopback Adapterが設定されている

稀なパターンではありますが
Npcap Loopback Adapterが設定されていると
リモートデスクトップ接続ができなくなります。

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご不明な場合はご参考願います。

Npcap Loopback Adapter(ループバックアダプター)とは
Npcap Loopback Adapter(ループバックアダプター)とはループバックアドレスが設定されているアダプターの事を指しており、簡単にまとめると開発者やSEがテスト段階で使用する機能なのです。ループバックアドレスはPC自身を表すIPでまだ公開していないサーバーでping等の疎通を確認したりする時にこのループバックアドレスを設定しておくと自分から自分へpingを投げる事ができ、疎通確認が可能となります。
スポンサーリンク

まとめ

■本記事の内容
リモートデスクトップ接続時に
「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」
とエラーメッセージが表示される原因と解決方法
■不具合要因
①「コンピューター」に入力する情報が誤っている
②接続先のパソコンがリモートデスクトップ接続可能な状況では無い
③Npcap Loopback Adapterが設定されている

「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」
と表示される現象は多く発生する一つの不具合です。

ただ、要因としては

・接続するパソコンでの問題
・接続先のパソコンでの問題

となっていますのでどちらに要因があるのかを
切り分けて行く事が解決の近道だと思います。

少しでもあなたのお力になれれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました