【ほのぼの】息子のYouTubeの使い方

プライベート

こんにちはー福助です。

朝晩は冷え込みますが昼間は日差しがポカポカ心地よくて過ごしやすいですね。
この感じ最高です。

今日はいつもと変わって

息子のYouTubeの使い方

についての記事です。

スポンサーリンク

息子にとってYouTubeは神様!!

YouTubeとの出会い

息子がYouTubeに出会ったのは4歳の頃
それまでは一切見させておりませんでした。

ただテレビを見るのは大好きで特にドラえもんをこよなく愛しております。

ゲオでDVDのレンタルに行くと
我先にと走っていってドラえもんを選んできます。

家に帰るのまで待ちきれないので社内で上映開始。
家に着いても降りてきません。笑

それぐらいドラえもんが大好きな息子。

とある日の事。

妻と息子が出かけていて福助はパソコンでYouTubeを見ていました。

そこへ帰ってきた息子。

「パパなんでこれでテレビが見れるの?」

と不思議そうな息子。

「これはパソコンといってなんでも見る事ができる魔法のオモチャなんだよ」

「えっ?!!じゃあドラえもんも?

「(カチカチッ)・・・ほら、ドラえもん一杯あるやろ?」

と表示させた途端、
目を輝かせて椅子に飛び乗ってきました。

そこからというものYouTubeの虜に。

留守番が怖くて出来なかった我が息子。

「YouTube見てて良いから留守番してる?」

「留守番してる!!」

と、食い気味で留守番する様になりました。笑

YouTubeばかり長時間見る事がダメな理由は?

ただ、パパママとしてはYouTubeをずっと見ているのは良くないと思ったので
1日1時間の制限を設けました。

1時間でも十分だと思うのですが息子にとって楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

なぜ1時間しかダメなのか?

この問いになんて答えるのが正しいのでしょうか?

・宿題をしないから。
・目が悪くなるから。
・服を着替えないから。
・明日の準備をしないから。
・本を読まないから。

未熟な福助夫婦はこんな理由で説明してしまっていました。

息子はそもそも意味が分からないけど
パパママが言うから分かったと渋々了解するのでした。

今更気付くのですが息子がYouTube以外で興味が出る事を教えたり
体験させてやれてなかったのが福助夫婦のダメな所です。

自分にとって今、一番面白い事をやるのは
幼い子供だけではなく私たち大人も一緒という当たり前の事に遅いながら気付いたのです。

息子のYouTubeの使い方が変わった件

で、やっと本題のほのぼのした話です。
(前置き長くてすいません)

・外で遊ぶ事。
・図書館で自分が面白いと思う本を見る事。
・ドラえもん以外にも面白い動画がある事。

これらを息子にちょっとずつお話しして色々実践しました。

とある日の事です。

YouTubeを見ながら何やら書いています。

こそっと覗くと・・・

「YouTubeで早く泳げる方法を見てメモしているのです。」

これには福助パパビックリしました!!

YouTubeで早く泳げる方法動画の存在は
一切教えていないのにいつの間にか探して勉強している。

・・・嬉しかったです。

色々試行錯誤して辿り着いてメモを取ろう!!
という前向きな気持ちになったのでしょうね。

書いてあるメモは意味の分からないめちゃくちゃでしたが
とてもホッコリしました。

それを恥ずかしそうにドヤ顔している息子。

すいません親バカです。

まとめ

将来はヒカキンになると言い始めた息子。

パパはなんでも良いぞ!!

ただやり通すんだ!

失敗しても良い!!

やり抜くんだ!!

という事を自分にも言い聞かせて福助も発信していきます。

福助独り言

いつまで続けるか分かりませんがとりあえず毎日更新をしていきます。

息子にとってデカい背中であり続けます。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

プライベート
スポンサーリンク
シェアする
ボッチSE福助をフォローする
ボッチSEのパドリングブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました