【メリット・デメリット】Webブラウザーの種類一覧と特徴まとめ

その他

こんにちはー福助です。

社内のユーザーから下記質問がありました。

Webブラウザーってどんなものがあって何が違うの?

という事で

Webブラウザーの種類一覧と特徴まとめ

として記事を書かせて頂きます。

スポンサーリンク

Webブラウザーの種類一覧と特徴まとめ

Webブラウザーとは

Webブラウザーとはインターネットに接続し、
公開されているWebページやネットシステムを表示する時に使用する
ソフトウェア、アプリケーションの事を指しております。

スマホが普及している昨今では
インターネットで調べものをするのは当たり前になっていますが
その際に使用しているのがWebブラウザーとなります。

Webブラウザーといっても様々なソフトウェア、アプリケーションがあります。

・Google Chrome(グーグルクローム)
・Yahoo(ヤフー)
・Firefox(ファイヤーフォックス)
・Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)
・Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)

主要な所はこれぐらいでしょうか。
他にも細かいブラウザーのソフトウェア、アプリは調べればたくさん出てくるでしょう。

今回はこの5つのWebブラウザーについてどういった特徴があるのか
下記まとめさせて頂きました。

Google Chrome(グーグルクローム)の特徴

■メリット

動作が非常に速い
・自分にあった拡張機能(アドオン)を追加できる。
・Windows、Mac、Android、Linux等、主流の端末に幅広く対応
・Googleアカウントに保存しておけば同じ環境でどの端末でも使用可能
シェア数が一番多い

■デメリット

・一部Chrome(クローム)では表示できないサイトがある。
・Googleに情報を収集されている。

■まとめ

ほぼ良い所しかない状態のChrome(クローム)。
福助の一番のおすすめもChrome(クローム)です。
やはり動作が圧倒的に速く、表示できないサイト以外は基本全てChrome(クローム)を使用しております。

拡張機能もおすすめで調べると自分に合った
アドオンを追加・削除できるのもポイントです。

まずインストールして間違いないと思います。

Yahoo(ヤフー)の特徴

■メリット

年齢層が高い人のシェア率が高い。
ニュース等の時事ネタをネットサーフィンしやすい。
・対応端末はWindows、Mac、Android、等主流の端末に幅広く対応

■デメリット

・動作速度が遅い
拡張機能等は特に無い
・YahooIDでログインしたからといって他の端末と同環境で使用できない。

■まとめ

最新のネットニュースをトップ画面に表示してくれるので
何か最新のニュースをネットサーフィンするには最適なWebブラウザー。
昔からあるので使用ユーザーは比較的年齢層が高いのが特徴。
(私の母親はインターネット=ヤフーと思ってます)

ただ、最新のニュースを毎回読み込むので時間がかかるのが難点

実はChrome(クローム)のWebブラウザー検索技術をYahoo(ヤフー)では採用している。
なので特にYahoo(ヤフー)をあえて使用する必要は無いと考える。

Firefox(ファイヤーフォックス)の特徴

■メリット

動作速度が速い
・対応端末はWindows、Mac、Android、等主流の端末に幅広く対応。
・他端末使用時も同環境で使用する事が可能。
・ある程度の拡張機能がある。
一つのウインドウでGoogle、Yahoo、アマゾンの検索が可能

■デメリット

・シェア数がChrome(クローム)やYahoo(ヤフー)に比べて低い。
・Firefoxでは閲覧不可なサイトが少しある。

■まとめ

Chrome(クローム)と一緒で速度が速いのが特徴です。
拡張機能もあり使いやすいWebブラウザーと言えます。
が、じゃあもっと拡張機能が多いChrome(クローム)で良いのでは・・・
となりますよね。
福助は一度使用してみましたがあまりChrome(クローム)との違いが分からなかったので使用していません。

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)の特徴

■メリット

マイクロソフトに標準インストールされているのである程度のシェア数がある
・昔からあるWebブラウザーなのでIEでないと動かないシステムが多々ある。

■デメリット

・拡張機能は無い
対応端末はWindowsのみとなっている。
・他の端末と同期させる事が不可。
・マイクロソフトが開発を中止している。(Edge移行の為)

■まとめ

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)でしか動作しないシステムがあるのが大きな特徴です。
大昔からあるWebブラウザーなのと世界中で圧倒的なシェア数をもっていた為、
IEで開発がどんどん進められていったのが理由です。
なのでIEはシステム専用として使用して
他のWebブラウザーを使用するのが良いでしょう。

Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)の特徴

■メリット

・マイクロソフトが力を入れて広めようとしている

■デメリット

・非常に使いにくい
・拡張機能も無く、対応端末もウインドウズのみ。
シェア数もかなり少なくごく一部
IE用に構築されたシステムに対応していない

■まとめ

先に結論から申しますと今時点ではEdge(エッジ)が活躍する場面は無いでしょう。
速度を求めるならChrome(クローム)やFirefox(ファイヤーフォックス)ですし
独自開発されたシステムならIEを使用する。
ただ、マイクロソフトが力を入れて広めようとしていますので
もしかしたらこの先どうなるか・・・。
Edgeが活躍する場面はまだまだ先の様です。

スポンサーリンク

まとめ

個人的な見解としてはChrome(クローム)を推奨します。

が、まずは自分で使ってみるのが一番かと思いますので、
気になる方はインストールをしてみて下さい。

これからはBYODという言葉があるように
自分のスマホも業務で使用する時代になってきています。

とすると
他の端末と同じ環境で使用可能
動作が早い
事が可能なWebブラウザーというと・・・

Chrome(クローム)となるのではないかなと思いました。

よければ参考にして下さい。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

その他
スポンサーリンク
シェアする
ボッチSE福助をフォローする
ボッチSEのパドリングブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました