【簡単解説】Excel(エクセル)棒グラフの作り方

Excel2016

どーもー福助です。

今日は

Excel(エクセル)棒グラフの作り方

を簡単解説致します。

Excel(エクセル)で作成した
様々なデータを「グラフ」にする事により
見やすくする事が可能です。

一つ一つの数字で見るより
パッと見てすぐ分かる方が相手にも伝わりやすいですよね。

まずは基本となる棒グラフの作り方
一つ一つまとめていきますので一緒に作っていきましょう。

スポンサーリンク

棒グラフの作り方_Excel(エクセル)のデータを棒グラフへ

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

■OS
Windows10 Enterprise

■Microsoft Office
Office2016Professional(Excel2016)

■パソコンスペック
メモリ:8GB
Bit数 :64bit

■ネットワーク
無線LAN(固定IP)

棒グラフとは

Excel(エクセル)で作成可能なグラフの種類は複数ありますが
代表的には下記のものが挙げられます。

・棒グラフ
・折れ線グラフ
・円グラフ
・ヒストグラム
・散布図

今回はこの中の「棒グラフ」の作り方についての解説になります。

棒グラフとはその名の通り、
データを棒状の図で表したグラフになります。
(図の方がイメージ湧きますので参考にして下さい。)

棒グラフには「縦棒グラフ」と「横棒グラフ」があります。
どちらも用途によって使い分けて頂ければ結構なのですが、
今回は一般的に広く使われる「縦棒グラフ」の作り方を解説致します。

棒グラフ(縦棒)の作り方

ではさっそく棒グラフ(縦棒)を作っていきましょう。

棒グラフ(縦棒)の作成方法・手順
  • 手順①
    Excel(エクセル)を開く

    棒グラフにしたいデータが入力されている
    Excel(エクセル)を開きます。

    例では日別のフルーツの数をまとめてあります。
    (分かりやすい様に作成してある特に意味は無いグラフです)

  • 手順②
    棒グラフにしたいデータがある箇所を選択

    棒グラフにしたいデータがある箇所どこでも良いので選択しておきます。

  • 手順③
    「縦棒/横棒グラフの挿入」アイコンを選択

    挿入」タブを選択し
    縦棒/横棒グラフの挿入アイコンを選択します。

  • 手順④
    「2-D縦棒」を選択

    どの棒グラフにするのかの画面が出てきます。
    今回は一番左上にあります
    2-D縦棒」の「集合縦棒」を選択して下さい。

  • 手順⑤
    棒グラフ(縦棒)が完成!!

    棒グラフが作成されたかと思います。
    細かい設定や編集が必要な個所はありますがとりあえず棒グラフはこれで完成です!!

棒グラフの種類

先ほどは「2-D縦棒」の「集合縦棒」にて作成方法をご紹介しましたが
Excel(エクセル)で作成可能な棒グラフは下記4種類となります。

用途に合わせて選択して下さい。

2-D縦棒

■集合縦棒

3-D縦棒

■3-D集合縦棒

2-D横棒

■集合横棒

3-D横棒

■3-D集合横棒

スポンサーリンク

まとめ

棒グラフを作成する方法をまとめさせて頂きました。

パソコン操作が不慣れな人にとっては
グラフ作成はちょっとしたハードルになっているかと思います。

が、ワンクリックで完成できちゃいましたよね。
思っていたより意外と簡単だったのではないでしょうか。

まだ細かい設定をする必要がありますが
とりあえず今回は棒グラフを作成できたという事で終わりにしたいと思います。

また別記事で下記の様な細かい設定について
解説致しますので参考にして頂ければと思います。

・グラフタイトル
・凡例表示
・棒グラフを太くする

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました