【DELL】SupportAssist(サポートアシスト)が不要な2つの理由

SupportAssist

こんにちはー福助です。

本記事の内容

DELLのSupportAssist(サポートアシスト)が不要な2つ理由

SupportAssist(サポートアシスト)についてアンインストールを悩んでいらっしゃる方がおりましたら少しでも早く是非参考にして頂きたいです。

SupportAssist(サポートアシスト) = 不要 です。

スポンサーリンク

SupportAssist(サポートアシスト)について

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

項目OSMicrosoft OfficeメモリBit数ネットワークNotes
内容Windows10 EnterpriseOffice2016Professional8GB64bit無線LAN(固定IP)Notes9.0.1 Basic

SupportAssist(サポートアシスト)とは

DELLの標準ソフトウェアSupportAssist(サポートアシスト)とは、
使用しているパソコン何か不具合や故障が発生していないか?

チェックし何か問題がある場合は結果を表示して知らせてくれる機能となります。

詳細な内容は下記記事にてまとめてありますのでご参考願います。

【DELL】SupportAssist完全アンインストール方法と再インストール方法
SupportAssist(サポートアシスト)の完全アンインストール方法のご紹介です。こちらの内容はDELLのカスタマーサポートセンターより頂きました公式回答となります。①コントロールパネルからSupportAssistをアンインストール②不要なファイルを削除する③不要なレジストリを削除する④サービスの項目を確認⑤Au...
スポンサーリンク

SupportAssist(サポートアシスト)が不要な2つの理由

不要な2つの理由

①不具合が発生していないのに爆音でお知らせをする
②ハードの故障・不具合発生原因になる

不要な理由①:不具合が発生していないのに爆音でお知らせをする

表示メッセージ

Hardware scan complete with no issues.
(ハードウェアをスキャンしたけど問題なかったよ)

DELLのパソコン起動時にSupportAssist(サポートアシスト)が自動で走り出し
何にも問題無く正常な事を、わざわざフロア中に響き渡る爆音でお知らせしてくれます。

もちろん通常は問題が無い場合はお知らせはしません。

パソコンを付けたままにしておくと勝手にSupportAssist(サポートアシスト)が起動し
夜中に爆音で起こされるという酷い報告も頂いております。
(みやびさんありがとうございます)

不要な理由②:ハードの故障・不具合発生原因になる

ユーザーを助ける為のソフトウェアがなんと
ハード(パソコン)の故障や不具合発生原因になってしまうとの事です。

DELLのカスタマーサポートから次の様な影響が出る事があると
公式に回答もらいましたので本当に発生してしまっているのでしょう。

SupportAssistが原因となるハードの故障・不具合内容

1.パソコンの起動が遅くなる
2.HDD,SSD,システムファイルを壊す
3.超過敏に反応しチェックが走ってしまう

不要な理由②-1:パソコンの起動が遅くなる

パソコン起動時にSupportAssist(サポートアシスト)が起動する為、
OSが立ち上がってくる時間が遅くなってしまいます。

ユーザーを助ける為のソフトがユーザーを困らせていては元も子もないですね・・・。

「OSの起動が遅い」というのはパソコンを使用する上で上位に挙がってくるユーザーの不満です。

不要な理由②-2:HDD,SSD,システムファイルを壊す

これはとんでもない不具合ですが、
過去カスタマーサポートで対応した中
SupportAssist(サポートアシスト)が原因と思われる不具合で
HDD,SSD,システムファイルを壊した事が何度もありますとの事でした。

HDD,SSD,システムファイルが壊れるというのは致命的な不具合です。
これを誘発しているソフトは論外です。

不要な理由②-3:超過敏に反応しチェックが走ってしまう

SupportAssist(サポートアシスト)は
ほんのわずかな事でチェックが自動で走ってしまいます。

で、何か問題が有っても無くてもけたたましい爆音でお知らせしてくれるという事です。

SupportAssist(サポートアシスト)をアンインストールしても問題ないのか?

ここまで読んで頂ければ
SupportAssist(サポートアシスト)の危険性が伝わったかと思います。

では不要だからと言ってアンインストールしても良いのか?

という事ですが結論、「全く問題有りません」

というのもSupportAssist(サポートアシスト)は
DELLの端末のみにインストールされているソフトウェアです。

他のメーカー(Lenovo等)にはインストールされておりません。

SupportAssist(サポートアシスト)が無くなると
何か不具合が起きた際にチェックをかけれなくなるが問題ないのか?

という点ですがBiosからチェックする事が可能ですので
ご心配無くアンインストールを実施して下さい。

と、DELLのカスタマーサポートセンターの方が案内してくれました。
(自社のソフトウェアを安心して消してくれという案内は驚愕ですよね)

アンインストール方法は下記記事参考にして下さい。

【DELL】SupportAssist完全アンインストール方法と再インストール方法
SupportAssist(サポートアシスト)の完全アンインストール方法のご紹介です。こちらの内容はDELLのカスタマーサポートセンターより頂きました公式回答となります。①コントロールパネルからSupportAssistをアンインストール②不要なファイルを削除する③不要なレジストリを削除する④サービスの項目を確認⑤Au...
スポンサーリンク

まとめ

本記事の内容

DELLのSupportAssist(サポートアシスト)が不要な2つ理由

不要な2つの理由

①不具合が発生していないのに爆音でお知らせをする
②ハードの故障・不具合発生原因になる

DELLのSupportAssist(サポートアシスト)については
カスタマーサポートの方も困っているとの事で隠す事無く本音で教えてくれました。

普通なら自社製品の機能なのでもう少し使って貰える様に案内する所が、
色々な不具合事例とアンインストールを勧めてくれまして。

ユーザー側にとっては快適に使用可能な事が何よりなので
SupportAssist(サポートアシスト)がダメだとしてもDELLの対応は素晴らしいと思います。

DELLのパソコンは価格が安い割にスペックの良いものが多く故障も少ないイメージです。

と、少しはDELLの良い所もご紹介しておきます。笑

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました