【Notes】8割の不具合を解決する修正コマンドはこれ

Notes

こんにちはー福助です。

この記事では

8割の不具合を解決する修正コマンド

をご紹介させて頂きます。

Notesの不具合発生時に
この修正コマンドを実施するとほぼ直りますので
何か不具合が発生している際は参考にして下さい。

過去Notesで発生した全ての不具合・解決方法
下記記事に一覧にしてまとめてあります。
よろしければブックマークやお気に入りに登録しご活用下さい。
【Notes】過去発生した不具合事例と解決方法まとめ
Notesで過去発生した不具合事例と解決方法をまとめた記事となります。不具合としては①Notesの問合せ先が分からない②エラー:このデータベースはディスク構造が無効なため読み込むことができません③「N012SUBまたはFUNCTION の名前ではありません」とエラーメッセージが表示④未読メールの表示数が実際の未読数と異なる
スポンサーリンク

Notes不具合発生時の修正コマンド

Notesの情報はほとんどネット上に無く、
Notesカスタマーサポートに問い合わせをしまくって
なんとか自分の物にできました。

この情報が同じ境遇でお困りの他のNotes管理者の方の元へ
届いておれば幸いです。

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

■Notes
Notes9.0.1 Basic

■OS
Windows10 Enterprise

■Microsoft Office
Office2016Professional

■パソコンスペック
メモリ:8GB
Bit数 :64bit

■ネットワーク
無線LAN(固定IP)

おおよその不具合はこの修正コマンドで直ります

※赤枠内にコマンドを入力して実施して下さい。

メールDBでエラーメッセージが発生したり等
Notesに不具合が起きている場合はこのあとご紹介します
修正コマンドを順番に実施して下さい。

Dominoコンソールを立ち上げ、
黒い画面が表示されますので
そこに修正コマンドを実施していきます。

Notesで発生している8割以上の大体の不具合は
この修正コマンドで解消します。

修正コマンド内容

修正コマンドは全体で約15分程度で完了しますが、
Notes管理者のみ実施する事が可能です。

下記順番通りにDominoコンソール上で実施して下さい。

■修正コマンド(△は半角スペース)
①drop△mail&¥(対象IBM Lotus NotesDB名).NSF
②dbcache△flush
③load△fixup△-F△mail¥(対象IBM Lotus NotesDB名).NSF
④load△updall△-R△mail¥(対象IBM Lotus NotesDB).NSF
⑤load△compact△-c△mail¥(対象IBM Lotus NotesDB).NSF
※注意点
・対象のメールDBを閉じた状態で実施して下さい。
・各修正コマンドの処理が確実に終わってから次のコマンドを実施して下さい。

各修正コマンドで何を実施しているのかは
下記参考にして下さい。

コマンドの意味:drop

drop

指定したDBのセッションを切断してくれます。

■使用例(△は半角スペース)
drop△all ・・・ 全てのDBの接続を切断します
drop△mail¥FUKUSUKE.NSF ・・・ FUKUSUKE.NSFのDBのみ接続を切断します

コマンドの意味:dbcache flush

dbcache flush

DBのキャッシュの開放を行います。

色々なキャッシュ(一時保存データ)をクリアしてさっぱりさせてあげます。

■使用例(△は半角スペース)
dbcacheflushall ・・・ 全てのDBのキャッシュの開放を実施
dbcacheflushmail¥FUKUSUKE.NSF ・・・ FUKUSUKE.NSFのDBのみキャッシュの開放を実施

コマンドの意味:load fixup -F

load fixup -F

指定したDBに何らかの破損、不具合があった場合に実行すると
修復してくれます。

■使用例(△は半角スペース)
loadfixup-Fmail ・・・ mailフォルダ内の全てのDBを修復
loadfixup-Fmail¥FUKUSUKE.NSF ・・・ FUKUSUKE.NSFのDBのみを修復

コマンドの意味:load updall -R

load updall -R

指定したDBファイルを再構築してくれます。
fixupをした後に実施します。

■使用例(△は半角スペース)
load△updall△-R△mail ・・・ mailフォルダ内の全てのDBを再構築します
load△updall△-R△mail¥FUKUSUKE.NSF ・・・ FUKUSUKE.NSFのDBのみを再構築します

コマンドの意味:load compact

load compact -c

メールDBの容量を圧縮し、DBの破損情報の修復を行ないます。

■使用例(△は半角スペース)
load△compact△-c△mail ・・・ mailフォルダ内の全てのDBの容量を圧縮&修復
load△compact△-c△mail¥FUKUSUKE.NSF ・・・ FUKUSUKE.NSFのDBのみ容量を圧縮&修復
スポンサーリンク

まとめ

■修正コマンド
①drop mail¥(対象IBM Lotus NotesDB名).NSF
②dbcache flush
③load fixup -F mail¥(対象IBM Lotus NotesDB名).NSF
④load updall -R mail¥(対象IBM Lotus NotesDB).NSF
⑤load compact -c mail¥(対象IBM Lotus NotesDB).NSF

Notesで不具合が発生した場合は上記修正コマンドを実施する。

これでも解消しない場合は別途要調査となります。

Notesは毎日必ず使用するアプリケーションですので
何か不具合が起きた場合に対応する優先順位は高くなりますよね。

そうした際にOffice製品等と比べて
情報が極端に少ないのはかなり痛手でした。

しかしこの修正コマンドを知ってからは
ほとんどこれで解消しますので随分対応が楽になりました。

是非参考にして下さい。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました