【Windows10】リモートデスクトップ接続を許可する方法

リモートデスクトップ接続

こんにちはー福助です。

この記事ではWindows10

リモートデスクトップ接続を許可する設定方法・手順

をご紹介させて頂きます。

リモートデスクトップ接続に関する
全ての不具合・解決方法は下記記事に一覧にしてまとめてあります。
よろしければブックマークやお気に入りに登録しご活用下さい。
【全パターン解説】リモートデスクトップ接続ができない解決方法
リモートデスクトップ接続できない解決方法全パターンをまとめております。「お使いの資格情報は機能しませんでした」「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません。」等のエラーメッセージから対応方法を解説しておりますのでご自身の発生状況と合わせてご覧ください。
スポンサーリンク

リモートデスクトップ接続を許可する2つの方法

リモートデスクトップ接続を許可するには下記2つの方法があります。

■リモートデスクトップ接続許可方法
コントロールパネルからリモート接続許可
コマンドでリモート接続許可
手順に沿って一緒に実施していきましょう。
いずれか好みの方で実施すればOKです。

環境の説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

■OS
Windows10 Enterprise

■Microsoft Office
Office2016Professional(PowerPoint2016)

■パソコンスペック
メモリ:8GB
Bit数 :64bit

■ネットワーク
無線LAN(固定IP)

※説明はWindows10で実施しておりますが
Windows7、Windows8も同様です。

リモートデスクトップ接続とは?

リモートデスクトップとは
Windows10に標準で搭載されているアプリケーションで
ネットワークに繋がっているパソコンを遠隔操作できる機能の事です。

例えば会社内の離れた場所から
リモートデスクトップ接続を使用する事で、
自席のパソコンを操作する事ができます。

詳しくは下記記事を参考にして下さい。

【Win10】初心者でも分かるリモートデスクトップ接続の使い方
Windows10環境でリモートデスクトップ接続の使い方をまとめてあります。まずリモートデスクトップ接続を使用するには事前準備が必要です。①リモート接続許可設定②コンピュータ名orIPアドレスを調べる③ユーザー名(パスワードも)を調べる。その後リモートデスクトップ接続を起動し、必要情報を入力し接続する事でリモートデスク...

設定方法①:コントロールパネルでリモートデスクトップを許可

まずはコントロールパネルからリモートデスクトップ接続を許可する方法です。

コントロールパネルでリモート接続を許可する方法
  • 手順①
    コントロールパネルを開く

    WindowsマークWindowsシステムツールコントロールパネル
    と選択しコントロールパネルを開きます

    システムとセキュリティを選択します。

  • 手順②
    「システム」を選択

    システムを選択 します。

  • 手順③
    「リモートの設定」を選択

    リモートの設定を選択します。

  • 手順④
    このコンピューターへのリモート接続を許可する

    「システムのプロパティ」画面が立ち上がってきます。
    リモートデスクトップ」項目にあります、
    このコンピューターへのリモート接続を許可する
    にチェックを入れ、適用OKを選択します。

    これでリモートデスクトップ接続許可設定完了です。

設定方法②:コマンドでリモートデスクトップ接続を許可

■注意点
レジストリでは間違った箇所や値を変更すると
パソコンが使用できなってしまう可能性があります。
作業は慎重に行って頂きます様お願いします。

次にご紹介するのはコマンドでリモートデスクトップ接続を許可する方法です。

リモートデスクトップ接続許可のレジストリ設定箇所

リモートデスクトップ接続許可の
レジストリ設定箇所は下記の通りとなります。

<レジストリ箇所>
■キー(階層)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\Terminal Server

 

■値の名前
fDenyTSConnections

■型
REG_DWORD

■値の内容
0 → 有効
1 → 無効【既定】

リモートデスクトップ接続許可コマンド

リモートデスクトップ接続を許可するコマンドは下記の通りとなります。

コマンドプロンプトを起動し実行して下さい。

■リモート接続許可コマンド
echo off
reg add “HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server” /v fDenyTSConnections /t REG_DWORD /d “0” /f
echo リモートデスクトップ接続が許可されました。
pause

また、上記コマンドをメモ帳へコピーし
保存する時に拡張子を.bat(バッチファイル)で保存します。

この作成したバッチファイルをWクリックで起動すれば
コマンドが自動で実行されリモートデスクトップ接続が許可されます。

まとめ

■今回の内容
Windows10環境でリモートデスクトップ接続を許可する方法
■許可方法
コントロールパネルからリモート接続許可
コマンドでリモート接続許可

リモートデスクトップ接続を使用する為の
基本的な初めの設定となります。

パソコンが複数台ある場合はご紹介したバッチファイルを作成し、
ユーザー側で実施してもらう事も可能ですね。

また、バッチファイルを作成すれば細かい設定手順等の説明が不要
このバッチファイルをWクリックして下さいで済むのが良い点です。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました