【Win10】初心者でも分かるリモートデスクトップ接続の使い方

リモートデスクトップ接続

こんにちはー福助です。

今日は

リモートデスクトップ接続の使い方

についての記事となります。

パソコンを使い始めた方は
そもそもリモートデスクトップ接続って言葉自体を
初めて聞いたかもしれません。

初心者の方にも理解しやすいように
分かりやすくまとめましたので参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

Windows10のリモートデスクトップの使い方

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

項目OSMicrosoft OfficeメモリBit数ネットワークNotes
内容Windows10 EnterpriseOffice2016Professional8GB64bit無線LAN(固定IP)Notes9.0.1 Basic

リモートデスクトップ接続とは?

リモートデスクトップとは
Windows10に標準で搭載されているアプリケーションで
ネットワークに繋がっているパソコンを遠隔操作できる機能の事です。

あたかもその場にいる様にパソコンを触る事が可能なのです。

この機能は無料で使用する事が可能です。

リモートデスクトップ接続活用方法

ではどういった場面でこのリモートデスクトップ接続が活用可能かというとですが・・・

■場面①:時間がかかる作業をしている時
2Fのパソコンでファイルのコピーをしていて終わるまでに時間がかかる。
1Fのリビングでくつろぎながら終わるのを確認したい。
■場面②:不具合対応
会社や学校等の敷地が広い場所で例えばパソコンに不具合があった際、
リモートデスクトップ接続を活用すればわざわざ現地に向かわずに
対応する事が可能です。

他にも色々な場面で活用が可能ですのであなたの環境で何か使うと便利になる場面は無いか一度思い返してみて下さい。

スポンサーリンク

リモートデスクトップの実施方法・手順

リモートデスクトップを使用する為の事前準備

リモートデスクトップを使用する為には事前に
下記設定、情報取得をする必要があります。

■リモートデスクトップ接続事前準備
①リモート接続許可設定
②コンピュータ名orIPアドレスを調べる
③ユーザー名(パスワードも)を調べる

順番に設定、情報取得をしていきましょう。

事前準備①:リモート接続許可設定

リモートデスクトップを使用する為には接続される側のパソコン
リモート接続許可設定をする必要があります。

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご参考願います。

【Windows10】リモートデスクトップ接続を許可する方法
Windows10でリモートデスクトップ接続を許可する設定方法のご紹介です。「コントロールパネル」「コマンド」の2つ設定方法があります。まずコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」⇒ 「システム」 ⇒ 「リモートの設定」を選択し表示されたウインドウの中から「このコンピューターへのリモート接続を許可する」にチェックを入れ、適用 ⇒ OKを選択します。

事前準備②:コンピュータ名 or IPアドレスを調べる

リモートデスクトップを使用する際に接続される側のパソコン
「コンピュータ名」か「IPアドレス」が必要となります。

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご参考願います。

■コンピュータ名確認方法

【Win10】コンピュータ名(ホスト名)をコマンドで確認する方法
Windows10環境でコンピュータ名(ホスト名)・フルコンピューター名を確認する方法のご紹介です。コマンド「hostname」を実行する事により確認する事が可能です。またフルコンピューター名を調べたい場合はコントロールパネルを開き「コンピューター名、ドメインおよびワークグループの設定」項目の中にあります、 「コンピュータ名」「フルコンピューター名」で確認する事が可能です。

 

■IPアドレス確認方法

自分のIPアドレスを確認する方法【Windows10】
Windows10環境で自分が使用しているパソコンのIPアドレスを確認する方法をご紹介しております。確認するにはコントロールパネルの情報からかコマンド(ipconfig)を使用する方法があります。コントロールパネルから確認するには「ネットワーク接続の詳細画面」を表示し、 IPv4アドレス欄に表示されている現在のIPアドレスを確認します。

事前準備③:ユーザー名(パスワードも)を調べる

リモートデスクトップを使用する際に接続される側のパソコンの
ユーザー名(パスワードも)が必要となります。

詳細な方法は下記記事にてまとめてありますのでご参考願います。

【Windows10 】パソコンのユーザー名確認方法・手順
Windows10環境で設定されているユーザー名を確認するにはコントロールパネルから確認する方法とコマンド(whoami)から確認する方法があります。コントロールパネルから確認するには「ユーザーアカウントの管理」から設定されているユーザーの一覧を見ることにより確認可能です。
スポンサーリンク

リモートデスクトップの使い方

ではWindows10でリモートデスクトップ接続の使い方をご説明させて頂きます。

手順を見ながら一緒にやっていきましょう。

リモートデスクトップ接続の使用方法
  • 手順①
    リモートデスクトップ接続を起動

    WindowsマークWindowsアクセサリリモートデスクトップ接続
    と選択リモートデスクトップを起動します。

  • 手順②
    「コンピューター」に接続先のIP or コンピューター名を入力し「接続」を押す。

    コンピューター」に先ほど調べた接続先のIP or コンピューター名を入力し接続を押します。

  • 手順③
    「別のアカウントを使用する」を選択

    その他別のアカウントを使用するを選択します。

  • 手順④
    ユーザー名、パスワードを入力しリモート接続

    先ほど調べたユーザー名、パスワードを入力し
    OKを選択します。

    これでリモート接続が開始されます。

スポンサーリンク

まとめ

■今回の内容
リモートデスクトップ接続の使い方
■リモートデスクトップ接続事前準備
①リモート接続許可設定
②コンピュータ名orIPアドレスを調べる
③ユーザー名(パスワードも)を調べる
■リモートデスクトップ接続の使い方
リモートデスクトップ接続を起動し、必要情報を入力し接続する。

リモートデスクトップ接続は使いこなす事ができると
色々な場面で活用可能なアプリケーションとなります。

是非一度使ってみて
自分なりに活用する場面を模索してみてはどうでしょうか。

もし何か不具合がおきましたら下記記事を参考にして頂ければと思います。

【全パターン解説】リモートデスクトップ接続ができない解決方法
リモートデスクトップ接続できない解決方法全パターンをまとめております。「お使いの資格情報は機能しませんでした」「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません。」等のエラーメッセージから対応方法を解説しておりますのでご自身の発生状況と合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました