【Win10】SMB1.0を有効化する方法(コンパネ・コマンド)

コンパネ設定・コマンド等
本記事の内容

Windows10でSMB1.0を有効化する方法

をご紹介させて頂きます。

有効化するには
「コントロールパネル」「コマンド」
の2つの方法がありますので参考にして下さい。

スポンサーリンク

Windows10でSMB1.0を有効化する2つの方法

環境の説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

■OS
Windows10 Enterprise

■Microsoft Office
Office2016Professional

■パソコンスペック
メモリ:8GB
Bit数 :64bit

■ネットワーク
無線LAN(固定IP)

SMB1.0とは?

SMB1.0とはWindowsで使用する通信プロトコルの事で
このSMB1.0を使用しファイルの共有をしています。

ただ、SMB1.0は20年以上も前に開発された規格のもので
今となってはセキュリティ上あまりよろしく無いのは当然で
Windows10からはSMB1.0がデフォルトで無効化されております。

■注意点
こんなSMB1.0を有効化する記事を書いていてなんですが、
SMB1.0は極力有効化しない方が良いという事を念頭に置いた上で作業を行って下さい。
また不要になった場合は無効化にする事をおすすめします。

SMB1.0を有効化する方法・手順

■SMB1.0を有効化する方法
コントロールパネルから有効化
コマンドで有効化※オススメ

①②どちらも下記まとめてありますので手順に沿って一緒に実施していきましょう。

■補足
コントロールパネルからやっても有効化できない場合がありましたので
私はコマンドで実施するのをお勧めしております。

SMB1.0有効化方法①:コントロールパネルからの実施方法

最初にコントロールパネルからSMB1.0を有効化する方法のご紹介です。

コントロールパネルからSMB1.0を有効化する方法・手順
  • 手順①
    「プログラム」を選択します。

    コントロールパネルを開き、
    プログラムを選択します。

  • 手順②
    「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択

    Windowsの機能の有効化または無効化を選択します。

  • 手順③
    「SMB1.0」の箇所にチェックを入れる

    「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」の箇所にチェックを入れ
    OKを選択します。

  • 手順④
    再起動を実施し完了

    最後に再起動を実施し完了となります。

SMB1.0有効化方法②:コマンドからの実施方法

それでは次にコマンドでSMB1.0を有効化する方法です。

※先ほども記載しましたがコマンドから実施をお勧めしております。

コマンドでSMB1.0を有効化する方法・手順で
  • 手順①
    コマンドプロンプトを立ち上げる

    検索窓に「cmd」と入力すると「コマンドプロンプト」が表示されますので選択しコマンドプロンプトを立ち上げます。

  • 手順②
    コマンドを実行する

    下記コマンドを順番に実行していきます。

    ①sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/MRxSmb10/MRxSmb20/NSI

    ②sc.exe config mrxsmb10 start= auto
    ※お使いの端末によって
    「指定されたサービスはインストールされたサービスとして存在しません」
    と表示されます。この場合はこのコマンドは無視して次のコマンドを実施して下さい。

    ③reg add HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters /v AllowInsecureGuestAuth /t REG_DWORD /d 1 /f

  • 手順③
    再起動を実施して完了

    再起動を実施して作業完了です。
    (接続できるかどうか確認して下さい。)

    ※もしこれでSMB1.0が有効化されていない場合は
    再度同じコマンドを実施して下さい。

SMB1.0が無効化されている事による不具合事例

SMB1.0が無効化されている事により
「ネットワークドライブに接続ができなくなった」
という問い合わせが私の所へ一時殺到しました。

というのもこの時Windows7サポート切れに伴い
Windows10へ全ての端末を更新したタイミングだったのです。

この問い合わせの内容を聞いていくと
どうやらNAS(ナス)に接続できなくなったとの事。

社内には簡易的に使用する為に
一部バッファロー製の外付けHDDを設置していました。
(NAS(ナス)です。)

このNASにWin10から接続ができないというのです。

原因はお察しの通りSMB1.0が無効化されている為で、
有効化してあげると問題なく使用する事が可能となりました。

スポンサーリンク

まとめ

■今回の内容
Windows10でSMB1.0を有効化する方法
■SMB1.0を有効化する方法
コントロールパネルから有効化
コマンドで有効化※オススメ

再度にはなりますが注意して頂きたい点としましては
SMB1.0の通信方法はなぜデフォルトで無効化されているかという所です。

マイクロソフトが検討をした結果、
セキュリティリスクが高いから無効化してあるのであって
それを有効化するという事はそれなりのリスクを抱えるという事。

その点を考慮して作業を実施して頂ければと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました