【Windows10】IMEユーザー辞書ツールとは・活用方法

IMEユーザー辞書ツール

この記事では

Window10環境のIMEユーザー辞書ツールとは・活用方法

についてまとめております。

IMEユーザー辞書ツールについては下記記事にまとめてあります。
よろしければブックマークやお気に入りに登録しご活用下さい。
【Windows10】IMEユーザー辞書ツール使い方まとめ
Windows10のIMEユーザー辞書ツール使い方まとめです。①IMEユーザー辞書ツールとは・活用方法②登録・編集方法③修復方法④バックアップ方法⑤移行方法と様々な使い方をまとめてあります。あなたがユーザー辞書ツールを使いこなせ、パソコン作業がスムーズに行えれる様になれば幸いです。
スポンサーリンク

IMEユーザー辞書ツールとは?活用方法

IMEユーザー辞書ツールは使い方一つで
非常に作業がスムーズになります。

色々な文字や単語、文章を登録しうまく活用して下さい。

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

■OS
Windows10 Enterprise

■Microsoft Office
Office2016Professional

■パソコンスペック
メモリ:8GB
Bit数 :64bit

■ネットワーク
無線LAN(固定IP)

IMEユーザー辞書ツールとは?

IMEユーザー辞書ツールとは、
登録した単語を登録した読みで変換できるツールです。

  • よく使用する長い単語や文章
  • 変換しても表示されない単語
  • 間違えやすい語句

等を登録する事によって打ち間違い漢字の変換間違い防いでくれる機能と共に、
入力作業が非常にスムーズになります。

シンプルな機能ですが私としては
是非活用して頂きたい機能です。

単語登録可能な「数」と「文字数」

IMEユーザー辞書ツールへ単語登録できる数の上限
驚異の100万語以上です。

これでも足りない方はさすがにいないと思いますね。

また登録可能な文字数の上限60文字です。
60文字はあれば大体収まりますね。

という事で結構自由に登録する事が可能という事です。

■まとめ
登録可能な数:10万語以上
登録可能な文字数:60文字

IMEユーザー辞書ツールへ単語の登録・編集方法

IMEユーザー辞書ツールへ単語の登録をするには
次の3つの方法があります。

■IME辞書ツール単語登録方法
①タスクバーのIMEアイコンから単語登録※おすすめ
ショートカットキーを使用_「Ctrl」+「F7」 or 「Ctrl」+「F10」
Windowsの設定から「単語の追加」を実施

設定方法等の詳細は下記記事をご参考願います。

【Windows10】IMEユーザー辞書ツール使い方まとめ
Windows10のIMEユーザー辞書ツール使い方まとめです。①IMEユーザー辞書ツールとは・活用方法②登録・編集方法③修復方法④バックアップ方法⑤移行方法と様々な使い方をまとめてあります。あなたがユーザー辞書ツールを使いこなせ、パソコン作業がスムーズに行えれる様になれば幸いです。
スポンサーリンク

IMEユーザー辞書ツール活用方法_登録した方が良い単語

IMEユーザー辞書ツールの活用方法として
登録した方が良い単語・事例をご紹介させて頂きます。

今回ご紹介するのは次の3つの活用方法です。

■おすすめ活用方法
①あなた自身の情報(メールアドレス、住所等)
②メール書出し冒頭挨拶文
③顔文字

きっとあなたに当てはまるものがあるはずですので
一つずつ登録していって下さい。

活用方法①:あなた自身の情報

まずご紹介するのはあなた自身の情報です。
あなた自身の情報とは次の様なものです。

■おすすめするあなた自身の情報
・メールアドレス
・住所(自宅、会社、学校等)
・電話番号(自宅、会社、学校等)
・名前

メールアドレスや住所等は、文字数が多く間違えやすいです。

これらもIMEユーザー辞書ツールへ単語登録しておけば
簡単に間違えずに変換する事が可能です。

是非これはすぐにでもご活用頂きたいです。

■登録例
あど    ⇒ fukusuke_paddling@gmail.com
じゅうしょ ⇒ 〒279-0031千葉県浦安市舞浜1番地1

活用方法②:メール書出し冒頭挨拶文

次にご紹介するのはメール書出し冒頭挨拶文です。

■メール書出し冒頭挨拶文例
・いつもお世話になっております。
・いつも弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。
・先日は貴重なお時間を頂戴しましてありがとうございました。
・〇〇大学〇〇学部〇〇年〇〇〇〇です。
・△△部△△室△△課△△係△△△△です。

これらの文面はメールを活用する現代では
毎日といっていいほど使用していると思います。

こういったものも全て打ち込むのではなく、
IMEユーザー辞書ツールを活用し単語登録しちゃいましょう。

■登録例
いつも   ⇒ いつもお世話になっております。
だいがく  ⇒ 〇〇大学〇〇学部〇〇年〇〇〇〇です。
ぶしょ   ⇒ △△部△△室△△課△△係△△△△です。

活用方法③:顔文字

最後におすすめする活用方法として顔文字があります。

(今の若い子は顔文字使わないかな・・・)

「かお」で変換すると色々か顔文字が変換リストの中に表示されます。

ただ結構限られていますので他に使いたい顔文字がある場合は
IMEユーザー辞書ツールへ登録して使用するとよいでしょう。

(^^♪ (^^)/ ( `ー´)ノ (*’ω’*) (´◉◞౪◟◉)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

きゃ━(;´༎ຶД༎ຶ`)━っっ!!!

活用方法:その他

色々ご紹介しましたが活用できる単語の特徴として次のものがあります。

■辞書ツールを活用できる特徴
・よく使用する長い単語や文章()
・変換しても表示されない漢字(名前が難しい漢字の方)
・間違えやすい語句(専門用語等)

あなたの環境でこれらに当てはまるものがありましたら
IMEユーザー辞書ツールへ登録し活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

■本記事の内容
Window10環境のIMEユーザー辞書ツールとは・活用方法。
■IMEユーザー辞書ツールとは
登録した単語を登録した読みで変換できるツール。
■おすすめ活用方法
①あなた自身の情報(メールアドレス、住所等)
②メール書出し冒頭挨拶文
③顔文字

決まった定型文がある場合は全て登録しちゃいましょう。

登録するまでも無いかな

と思いますが実際に使い始めると、非常に快適になります。

他の人のパソコンを触った時にそれがはっきりと分かるでしょう。
メールアドレスとかいちいち打つの面倒ですし。

あなたの入力している単語等を色々思い出して活用してみてください。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました