マクロ保存時の「ドキュメント検査機能では削除できない・・・」の表示を消す

Excel2016

こんにちはー福助です。

今日はExcel(エクセル)でマクロを使用していると保存した時

「ドキュメント検査機能では削除できない個人情報が
ドキュメントに含まれていることがありますので、ご注意ください。」

と表示される現象についての記事になります。

スポンサーリンク

「ドキュメント検査機能では削除できない・・・」の表示を消す

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

■OS
Windows10 Enterprise

■Microsoft Office
Office2016Professional(Excel2016)

■パソコンスペック
メモリ:8GB
Bit数 :64bit

■ネットワーク
無線LAN(固定IP)

エラーメッセージ「ドキュメント検査機能では削除できない・・・」の詳細

Excel(エクセル)ファイルを保存した時に

「ドキュメント検査機能では削除できない個人情報が
ドキュメントに含まれていることがありますので、ご注意ください。」

と表示されてしまう今回の不具合ですが、
マクロを組んであるエクセルファイルで表示されてしまう
事が分かりました。

エラーメッセージの意味や表示を消したい方はご一読下さい。

また、通常のエクセルファイルで発生する場合は
下記記事参考にして下さい。
https://paddling-blog.com/%E3%80%90%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%80%91excel%E4%BF%9D%E5%AD%98%E6%99%82%E3%81%AB%E3%80%8C%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%81%A7%E3%81%AF

エラーメッセージが表示される状況

マクロを組んであるエクセルファイルを保存した時に
「ドキュメント検査機能では削除できない・・・」
のエラーメッセージが表示されます。

通常のエクセルファイルとの見分け方は拡張子で確認する事が可能です。

.xlsm:マクロが組んであるエクセルファイル
.xlsx:通常のエクセルファイル

マクロが組んであるエクセルファイルだと
デフォルト設定で保存時にいつもエラーメッセージが
表示されてしまいます。

でも毎回メッセージが表示されるのは邪魔ですよね。

このメッセージの意味を理解していれば
表示を消す方向で問題無いです。

メッセージが表示される原因と気を付ける事

メッセージが表示される原因は

・Excel(エクセル)の作成者のユーザー名
・最終更新者のユーザー名

がエクセルファイル内に保存されている為です。

エラーメッセージ内の「個人情報」とはこの事を指しており、
保存した時に個人情報が残っているよーと教えてくれているのです。

気を付ける事はこの情報が
他人に知られてしまっても大丈夫かどうかという事です。

この情報に対して特に処置をする必要が無いのであれば
エラーメッセージを消す設定に進みましょう。
(自分で使用する分には全く問題ないと思います)

個人情報を手動で削除する方法等、
もう少し詳しく下記記事にまとめてありますので
気になる方は参考にして下さい。
https://paddling-blog.com/%e5%80%8b%e4%ba%ba%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%81%8cexcel%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%81%ab%e8%87%aa%e5%8b%95%e4%bf%9d%e5%ad%98%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f

メッセージを非表示にする設定方法

マクロを組んでいるエクセル保存時の
「ドキュメント検査機能では削除できない・・・」
のエラーメッセージの表示を非表示にする設定方法です。

「ドキュメント検査機能では削除できない・・・」を非表示にする方法・手順
  • 手順①
    Excel(エクセル)を起動

    Excel(エクセル)を起動し
    「ファイル」を選択します。

  • 手順②
    「オプション」を選択

    「オプション」を選択します。

  • 手順③
    「セキュリティセンターの設定」を選択

    「セキュリティセンター」「セキュリティセンターの設定」
    と選択します。

  • 手順④
    「プライバシーオプション」内を設定

    プライバシーオプション」を選択し
    「ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する」
    項目のチェックを外します。

    これでExcel(エクセル)を保存した時に
    「ドキュメント検査機能では削除できない個人情報が・・・」
    のメッセージは非表示となりました。

スポンサーリンク

まとめ

マクロを組んであるエクセルファイルを保存した時に

「ドキュメント検査機能では削除できない・・・」

とエラーメッセージが表示される原因は
エクセル内で個人情報とされている

・Excel(エクセル)の作成者のユーザー名
・最終更新者のユーザー名

がファイル内に保存されている為。

表示を消すには

「ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する」

項目のチェックを外します。

エラーメッセージが表示された場合は
まず内容をGoogle等で検索して調べて理解する事が大切ですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました