ユーザーのアカウントの制御(たとえば時間帯のの制限)により、ログオンできません。 サポートが必要な場合は、システム管理者かテクニカルサポートに問い合わせてください。

リモートデスクトップ接続

こんにちはー福助です。

今回はリモートデスクトップ接続時に

「ユーザーのアカウントの制御(たとえば時間帯のの制限)により、ログオンできません。
サポートが必要な場合は、システム管理者かテクニカルサポートに問い合わせてください。」

とエラーメッセージが表示され接続できない不具合についての内容になります。

リモートデスクトップ接続に関する
全ての不具合・解決方法は下記記事に一覧にしてまとめてあります。
よろしければブックマークやお気に入りに登録しご活用下さい。
【全パターン解説】リモートデスクトップ接続ができない解決方法
リモートデスクトップ接続できない解決方法全パターンをまとめております。「お使いの資格情報は機能しませんでした」「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません。」等のエラーメッセージから対応方法を解説しておりますのでご自身の発生状況と合わせてご覧ください。
スポンサーリンク

「ユーザーのアカウントの制御(たとえば・・・」について

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

項目OSMicrosoft OfficeメモリBit数ネットワークNotes
内容Windows10 EnterpriseOffice2016Professional8GB64bit無線LAN(固定IP)Notes9.0.1 Basic

「ユーザーのアカウントの制御(たとえば・・・」不具合の現象

エラーメッセージ

ユーザーのアカウントの制御(たとえば時間帯のの制限)により、ログオンできません。
サポートが必要な場合は、システム管理者かテクニカルサポートに問い合わせてください。

上記エラーメッセージが表示されリモートデスクトップが接続できない現象を接続する手順でおっていきます。

「ユーザーのアカウントの制御(たとえば・・・」不具合の現象
  • 手順①
    リモートデスクトップ接続を立ち上げる

    →問題無し

  • 手順②
    「コンピューター」に接続先のIP or コンピューター名を入力し「接続」を押す。

    →問題無し

  • 手順③
    「資格情報を入力する画面」が出てくるのでPWを入力し「OK」を選択する

    →問題有り

    ここでエラーメッセージが表示されます。

「ユーザーのアカウントの制御(たとえば・・・」不具合の原因

このエラーメッセージが表示されリモートデスクトップ接続ができない原因
リモートデスクトップをする際に設定している
ユーザーにパスワードの設定が無い為です。

セキュリティリスクの観点からパスワードの設定がされていないとリモートデスクトップ接続が出来ない様にデフォルトの設定がされているのです。

スポンサーリンク

「ユーザーのアカウントの制御(たとえば・・・」の解決方法

リモートデスクトップ接続時に
「ユーザーのアカウントの制御(たとえば時間帯のの制限)により、ログオンできません。
サポートが必要な場合は、システム管理者かテクニカルサポートに問い合わせてください。」
と表示され接続ができない解決方法次の2通りとなります。

■解決方法
①パスワードを設定する
②ローカルグループポリシーを変更する

解決方法①:パスワードを設定する

そもそもパスワードが設定されていないのが原因ですので
対象ユーザーにパスワードを設定してあげれば
この不具合は解消します。

ただ、何らかの理由でパスワード無しに設定しているかと思いますので
どうしてもパスワードを設定できない場合は次の
ローカルグループポリシーを変更して下さい。

解決方法②:ローカルグループポリシーを変更する

ローカルグループポリシーを変更する方法・手順
  • 手順①
    グループポリシーダイアログを表示

    キーボードのWindowsマークR を押して
    gpedit.msc入力し、Enter押します

  • 手順②
    「アカウント:ローカルアカウントの空の・・・」を開く

    グループポリシーダイアログが表示されますので、
    コンピュータの構成Windowsの設定セキュリティの設定ローカルポリシーセキュリティオプション
    を開き、
    アカウント:ローカルアカウントの空のパスワードの使用をコンソールログオンのみに制限する
    Wクリックします。

  • 手順③
    「無効」に変更

    無効チェックを入れOK選択します。
    これで作業完了です。

補足

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b8da8c00dc2a5b984567a71ba005e57d.png

「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」

と、エラーメッセージが表示された場合は
下記ページをご参考にして下さい。

「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」と表示されリモートデスクトップ接続できない
「このユーザーアカウントはリモートログインを許可されていないため、接続は拒否されました」と表示されリモート接続ができなかった場合の解決方法です。この表示が出るという事は接続先のPCに入力したユーザーの登録が無いという事です。設定されているユーザーを確認して再度実施してください。
スポンサーリンク

まとめ

■本記事の内容
リモートデスクトップ接続時に
「ユーザーのアカウントの制御(たとえば時間帯のの制限)により、ログオンできません。
サポートが必要な場合は、システム管理者かテクニカルサポートに問い合わせてください。」
とエラーメッセージが表示される不具合の原因と解消方法
■不具合解消方法
①パスワードを設定する
②ローカルグループポリシーを変更する

パスワードを設定していないパソコンに
リモートデスクトップ接続をする際に参考にして下さい。

ただ、セキュリティの事を考えると
パスワードを設定して頂く事が一番ですのでその点はご検討して頂ければと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました