【パワポ】スライドショーで全画面表示をする3つの方法

PowerPoint2016

どーもー福助です。

今日は

PowerPoint(パワーポイント)のスライドショーを使いこなす

についての記事になります。

パワーポイントで作成した資料を
プレゼンする際は必ずスライドショーで全画面表示にします。

スライドショーの使い方を是非覚えていって下さい。

スポンサーリンク

パワーポイントのスライドショーを使いこなす

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

■OS
Windows10 Enterprise

■Microsoft Office
Office2016Professional(PowerPoint2016)

■パソコンスペック
メモリ:8GB
Bit数 :64bit

■ネットワーク
無線LAN(固定IP)

スライドショーとは?

スライドショーとは
パワーポイントで作成した資料
接続しているモニターやプロジェクターの
画面一杯に表示する機能の事を指しております。

通常だと上部のリボン等が表示されていて
作成した資料意外の箇所も見えてしまっております。

スライドショーを使用する事によって
表示を画面一杯に表示し、
見やすいようにする事が可能となります。

作成した資料をプレゼンや説明する時に
スライドショーは必ず使用するべき常識の機能となります。

パワーポイント資料をスライドショーで全画面表示する方法

作成した資料をスライドショーで全画面表示する方法ですが
下記3パターンあります。

1:スライドショーアイコンを選択
2:リボンからスライドショーの開始を選択
3:キーボードの「F5」を押す

全て解説しますので一度やってみて下さい。

方法①:スライドショーアイコンを選択

パワーポイントを開き、
右下にあるスライドショーアイコン選択します。

スライドショーで全画面表示になった事を確認し作業完了です。

方法②:リボンからスライドショーの開始を選択

パワーポイントを開き、
リボンのスライドショータブを選択します。
その中にあります「最初からアイコンを選択します。

スライドショーで全画面表示になった事を確認し作業完了です。

※「現在のスライドから」を選択すると
現在表示されているスライドからスライドショーで全画面表示が始まります。

方法③:「F5」を選択

この方法が一番おすすめです。
スライドショーで全画面表示をするショートカットキーになります。

パワーポイントを開き、
キーボードの「F5を押します。

スライドショーで全画面表示になった事を確認し作業完了です。

スライドショー表示を終了する

スライドショーの全画面表示を終了するには

キーボードの「Esc

を押して下さい。

スライドショー全画面表示で次スライドに移動する方法

スライドショーで全画面表示をして
1枚目の説明が終わり2枚目の資料を映し出したい時には下記方法があります。

・キーボードの「↓」「↑」を押す
・マウスで左クリック
・マウスホイールをコロコロする

使いやすい方法で実施して下さい。

スポンサーリンク

まとめ

パワーポイントで
作成した資料をスライドショーで全画面表示する方法は
お分かりになりましたでしょうか。

私はショートカットキーの「F5」を押してスライドショー表示をしております。

あまりマウスを使わずにショートカットキーの
「f5」
をさくっと押して表示してスライドショーを表示して
カッコよくきめちゃいましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました