【タスクバー】アプリやソフトウェアをピン留めする方法(Win10)

便利な機能

こんにちはー福助です。

この記事では

タスクバーにアプリやソフトウェアをピン留めする方法

についてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

タスクバーにアプリやソフトウェアをピン留め

タスクバーにピン留めする方法は次の2つがあります。

■タスクバーピン留め方法
①マウスで掴んでタスクバーへ持っていく
②タスクバーへピン留めするを選択する

それぞれ解説していきますので一緒に実施していきましょう。

環境のご説明

今回説明する環境ですが下記の通りとなります。

項目OSMicrosoft OfficeメモリBit数ネットワークNotes
内容Windows10 EnterpriseOffice2016Professional8GB64bit無線LAN(固定IP)Notes9.0.1 Basic

タスクバーとは

タスクバーとは画面下に表示されておりますバーの事を指しております。

フォルダやアプリ、ソフトウェア、IMEユーザー辞書、現在日時
等、あなたのパソコン操作を助けてくれる機能です。

方法①:マウスで掴んでタスクバーへ持っていく

一番簡単でお勧めな方法はこちらです。

デスクトップ等にありますピン留めしたいアプリやソフトウェアを
マウスで掴んでタスクバーへ持っていきます。

タスクバーにピン留めする
というメッセージが表示されましたらマウスを離します

これでタスクバーにピン留めする作業完了です。

方法②:タスクバーへピン留めするを選択する

タスクバーにピン留めする方法・手順のご紹介です。
例として「Excel(エクセル)」をタスクバーにピン留めします。

タスクバーにピン留めする手順・方法
  • 手順①
    タスクバーにピン留めするを選択

    Excel(エクセル)を右クリック
    その他カーソルを合わせ
    タスクバーにピン留めする選択します。

  • 手順②
    タスクバーにピン留め完了

    タスクバーに Excel(エクセル) が表示されている事を確認し作業完了です。

スポンサーリンク

タスクバーの色々な設定をご紹介

今回の内容の他にもタスクバーについて色々まとめておりますので
参考にして頂ければと思います。

タスクバーにアプリやソフトウェアをピン留めする方法

タスクバーにアプリやソフトウェアをピン留めする方法
については下記記事ご参考にして下さい。

【タスクバー】アプリやソフトウェアをピン留めする方法(Win10)
Windows10環境でタスクバーにアプリやソフトウェアをピン留めする方法のご紹介です。ピン留めするには次の2つの方法があります。①マウスで掴んでタスクバーへ持っていく②「タスクバーへピン留めする」を選択する。それぞれ解説していきますので一緒に実施していきましょう。

タスクバーの表示位置の変更、自動的に隠す設定

・タスクバーの表示位置を変更
自動的に隠す設定
については下記記事ご参考にして下さい。

【タスクバー】表示位置の変更・自動的に隠す設定方法(Win10)
Windows10環境でタスクバーの位置を変更する方法、自動的に隠す(非表示)設定方法のご紹介です。タスクバーで右クリックをし「タスクバーの設定」を選択します。表示された中からタスクバーの位置の設定を上下左右に変更します。また「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」をオンにすると自動的に隠す設定となります。

タスクバーをショートカットキーで起動する方法

タスクバーをショートカットキーで起動する方法
については下記記事ご参考にして下さい。

【タスクバー】ピン留めしたアプリをショートカットキーで起動する方法(Win10)
Windows10環境でタスクバーをショートカットキーで起動する方法のご紹介です。タスクバーにピン留めしたアプリやソフトウェアを起動するには「Windowsマーク」+「数字(キーボード)」のショートカットキーを使用できます。この数字というのが何を指しているのかというとタスクバーにピン留めされたアプリを特定する為の数字となります。
スポンサーリンク

まとめ

■本記事の内容
Windows10環境でタスクバーにアプリやソフトウェアをピン留めする方法
■タスクバーピン留め方法
①マウスで掴んでタスクバーへ持っていく
②タスクバーへピン留めするを選択する

タスクバーにピン留めをする事で確実に作業の効率化に繋げる事が可能です。

あなたが日々よく使用するアプリやソフトウェア
タスクバーにピン留めしてご活用下さい。

ただピン留めしすぎると今度は余計に分からなくなってきますのでご注意下さい。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました